管理人

こんにちは、アフィカスです。

そう呼ばれるようになって(自分で呼んでるだけですが)日も浅いのですが、アフィカスと呼ばれる前はブロガーと呼ばれていました。またブロガーと呼ばれていたころは、アフィリエイターの事をアフィカス、アフィカスと呼んで蔑んでいました。

 

今この場を借り増して、全てのアフィリエイターに謝罪したいと思います。

ごめんなさい!

 

アフィカス、アフィカスと呼んでバカにしてはいましたが、当時の私は、アフィリエイターが実際にどんなことをしていて、どんなにすごい存在かわからずに、ただただ皆がアフィカスとバカにしてるのでそう呼んでいました。

無知って本当に怖いですね。

 

実際にアフィリエイターさんの実力、考え方、マーケティングを目の当たりにしたときは、本当に自分が恥ずかしくなりました。確かに、ひどいスパム行為をしてるアフィリエイターもいますが、それはブロガーも同じでした。

陰でひどいことしているブロガーなんていっぱいいました。

互助会なんてものが昨今、話題になっていますがそんなかわいいものじゃありません。

まーその話をしだすと8万文字くらいいってしまうのでその話は後日にでも。

 

アフィリエイターになったきっかけ

さて、私がアフィリエイターになったきっかけですが、色々ありますがアフィリエイターの稼ぎを知ってしまったことと、その手法がそれほど難しくなったことです。

稼ぎを知ったのはツイッターでした。
イケハヤさんのツイートや、その他のツイートから「谷?」という存在を知り、その中の人であろう人達のアカウントを片っ端からフォローしていきました。

 

最初は「ふかしこいてるよーこいつら」にしか思いませんでしたが、だんだんと彼らの発言が嘘ではなく本当の事だと気が付き始めてから、私のアフィリエイターに対する見方が大きく変わっていきました。

 

私に大きな影響を与えてくれたアフィリエイターさん

うっちーさん

代表サイト:
http://mantohihi.hatenablog.com/
http://aojiruchan.com/
アフィロックを企画したTOPアフィリエイターの方です。
まだ20代?なのに、その行動力が凄すぎます。普段のツイートはふざけている感じがするのですが、ブログに書かれていることや実際のサイトを拝見させてもらうと、その実力がうかがえます。

 

はぐりんさん

代表サイト:
http://boukennosyo.hatenablog.jp/
http://www.cardloan-abc.net/
有名サイトカードローンABCの方です。また、冒険の書というブログも執筆していて、このブログ何回読み返したかわからないくらいです。私のサイトアフィリの知識の大半は、この冒険の書を参考にさせてもらっています。

 

テレンスてれんすさん

代表サイト:
http://terensu.hateblo.jp/
当時イケハヤさんがテレンスさんの報酬公開記事をツイートしているのを見て、何度も報酬の桁数を数えなおしたのをおぼえています。この報酬を見て、アフィリエイトも極めれば立派な事業になると確信しました。

 

ぐっちさん

代表サイト:
http://kkadvance.jp/joy/
有名な女性アフィリエイターの方です。法人5期目のアフィリエイターの方で、ブログでその手法を公開なされているのですが、この手法が本当に参考になります。10万円以上もするセミナーなどに何回か行きましたが、ぐっちさんのブログのほうが1000倍くらいに参考になります。

 

まなしばさん

代表サイト:
http://mama-hack.com
ファンです。

 

他にもツイッター等を見て影響された方は数多くいらっしゃるのですが、大きな影響を与えてくれたのはこの5名の方です。

 

そして2015年末に行われたアフィロックというイベントに参加して、私のアフィリエイターに対する考え方は180度かわりました。

 

蔑みから羨望へと変わり、

私もアフィリエイターになりたい!

と思うようになりました。

アフィロックで実際にアフィリエイターの方にお会いして、その人となり、考え方を聞いてみるとアフィリエイトを副業とは考えずに、一つのビジネスととらえている方が多く、その本気度が高いことが分かりました。

 

ブロガーだった頃にしていたこと

話は変わりますが、私ブロガー時代にしていたことを少しお話ししようかと思います。大したことはしていません。

今思うと、これでよくアフィカスといって、アフィリエイターをバカにしていたなーと恥ずかしくお思います。

・ブログのネタを考える
・記事を更新する
・セルクマする
・ブクマでコメントまわりする
・ブログランキングでコメントまわりする
・知り合いのブログにコメントまわりする

 

こうしてみると、作業の大半がコメントまわりで、何回「応援ポチッ!」ってコメントしたかわかりません。2万回くらいは打ち込んだと思います。

今思えば、その2万回をサイトアフィリの記事にしていればと残念でなりません。

 

現在の収入

現在の収入ですが、ようやく100万円を突破できたところです。

まだまだ不安定ですが、100万円を安定させるのではなく、この100万を資金源にしてサイトの質・量を向上させて200万、300万と増やしていきたいと思っています。

 

【直近3か月の収益】
今年初めからはじめたアフィリエイトですが、8月に目標であった100万円を超えることが出来ました。9月はちょっと落ち込んでぎりぎり100万円切ってしまいました。

ブロガー時代とほとんど同じ作業時間でこなしているのですが、収益は数十倍あるかと思います。

これをなんでもっと早くやってこなかったのかと悔やまれます。

 

月収100万円到達するまでにやってきたこと

稼げそうな案件を徹底的に調査しました

色々調べてみてわかったのですが、報酬が1000円のものでも5000円のものでもアフィリエイトするのに労力はそれほど変わらないという事です。

なので、3000円以下の案件は基本やらないことにしました。

3000円以上の案件で、稼げそうなものを片っ端から調査しました。

 

キーワード選択

稼げそうな案件が決まったら、そのワードで関連ワードなどを調査しました。
調査内容は下記の2点

・関連ワードのチェック
・ライバルサイトのチェック

関連ワードは購入意欲のワードがどれだけ多いかをチェックしました。これが少ないとすでに強力なアフィリエイターにシェアを奪われているので・・・

 

例えば、ウォーターサーバーなんかで言うと、「比較、赤ちゃん、一人暮らし、商標」などしかなく、既にモンスター級のアフィリエイターが陣取っています。

これとは反対に、私が現在進めている案件では、ワードが豊富でまだまだ、アフィリエイターがそこまで手を付けていません。

 

次にライバルサイトのチェックですが、これは狙ったワードで上位表示されているサイトがどれほど強力か調べました。調べた内容は

・コンテンツ
・被リンク
・DR、URの数値

この3点です。

主にahrefsを使用して、被リンクを調べて、DRとURがどれくらいかの数値で判断しました。

これを見ると、ウォーターサーバーやら、脱毛やら金融やらは力の差をまざまざと見せつけられました。

 

こんな感じで調査を進めていって、「これはイケル!」と思ったらサイト作成開始です。
主にワードプレスを使用してサイト作成していきました。

サイトを作る時間や記事執筆する時間よりも、この調査に一番時間をかけたような気がします。

 

被リンクサイトの作成

メインサイトの作成と同時に、被リンクに使うサイトの作成も進ていきました。中古ドメインを購入して、そのドメインを使ってサイト作成ですが、こちらはキーワードだけ渡して記事作成はライターさんにお願いしました。

ここまでが一連の流れで、1つサイトが出来たら(被リンク含む)また別のキーワードを探して、調査→サイト作成→被リンクサイト作成の流れになります。

被リンクの本数は、ライバルサイトがどの程度、どのくらい強い被リンクなのかをチェックして、それよりちょっと多いくらいに張る感じです。

このような流れで、今後は一年で10案件くらいこなしていきたいなと考えています。
1か月1案件で、残り2か月分は予備(トレンド案件用)です。

 

法人化してみた

まだ早いと言われそうですが、2016年8月に法人化しました。100万円にようやく到達したようなひよっこが早すぎると言われそうですが、法人化することにより、アフィリエイトで飯を食べていくという覚悟を強めたかったのが一番の理由です。

あとは、社長っていう響きにあこがれがあったもので(笑

 

ブロガーやめたら100万円稼げた まとめ

管理人

ここまで書き込んでおいて、今更ですが・・・
私は決してブロガーを否定しているわけではありません。

ただ、ブロガーよりもアフィリエイターのほうがお金が稼ぎやすいということを言いたかったです。

 

私がブロガーを始めたきっかけが「お金」だったので、そのお金に焦点をあてるとブロガーよりもアフィリエイターのほうがいいというだけです。

 

ブロガーでも大きな収益を上げている方は多いのですが、その大半がきちんとしたブランディングを行っています。

ブランディングっていうのは、膨大な時間もかかる上にちょっとしたことでそのブランディングは崩れ去ります。そのようなリスクを負いながら生活費を稼いでいくのは危ういと思います。

 

それならば、ブランディングのようなリスクもなく少ないアクセスでも収益を上げることが出来るアフィリエイターのほうがいいと思います。

長々と思いを綴ってしまいましたが、100万円という目標を達成した記念に記事を書きたくなってしまいました。

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。